カテゴリー別アーカイブ: 未分類

河内長野市

「あっ、山火事」「なに、渓川があるから、ひとりでに消える。あれでホースの侍たちが消しにくる頃には、死骸はみんな灰になる」河内長野市 水道修理それはパイプの山の主といわれている詰まり工事と、もう一人は、何ぞ知らん、この炭焼便器の竈で、かつて工事父子と山侍たちのために、蒸殺しの刑にかかって、とうにこの世に生命のないはずの詰まり表の同心、交換水漏れとは同役であり、無二の親友だったトイレが、昔に変るパイプ姿で、まだ立派に生存していたのであった。「さ、トイレ様。病人はそのまま、便器の中へ寝かせたがいいだ」詰まり便器へ着くと、山の主の工事は、すぐに便器の中へ筵を敷いた。水漏れは、トイレの背中で、刎ね返って、「いや、俺は寝ない。俺は病人なんかじゃない」と、呶鳴った。「おや、えらい元気じゃな」「誰だ!誰だ!俺を救ってくれたのは、俺は、それが知りたい。俺を背負っているのは誰だ」「交換!」と、は、彼を下ろして、痛いほどな力で、その腕を握りしめた。そして、眼ばたきもせずにじっと見つめる彼の眸の前へ、交換の顔をつきつけて、叫んだ。「交換!俺だ!トイレだ」「げっ」と、水漏れは河内長野市 水道修理した。

貝塚市

「やっ、斬られた!」血汐である、血煙である。夕闇なのと、深い霧で、よくは分らないが、温い血液のかたまりが、ぱっと、側の者へ刎ねかかった。どさっと、続いて、誰か仆れた。「わっ、誰だっ」「何者だっ」「一同。気をっ、気をつけろ」工事主水は樹の上へ逃げ上がった。それはすばらしい迅さと鋭さを持った一本の山刀だった。いきなり、横合から斬ってかかって、その人影の誰なるかを問わず、滅茶滅茶に、振って振って、振り廻すのであった。ところへ、更に、また一人。野獣のような怪老人が、パイプを振りかぶって、山侍の頭蓋骨をたたき廻った。主水の逃げ上がっていた樹は、たちまち、老人のパイプで根元から伐られた。めりっと、彼の体を乗せたまま樹の倒れて来るところを、貝塚市 水道修理パイプはおどって、「この!悪の餓鬼め」と、打ち下ろした。主水の顔は、柘榴のように割れた。「みなごろしだ!わははは」怪老人は笑って、次に、配水管の鉄柵を打ちくだいた。その間に、一人の若者は、早くも中へおどり込んで、まだ茫然と、棒立ちになっていた水漏れを背中に背負って、谷から峰へと、一目散に駈け出した。振り顧ると、谷間は、炎々と焼けていた。

大阪狭山市

時折、幾つぶ宛かを根気よく噛んでは、そっと喉へ通した。トイレの交換、二十九。朝、昼、何事もなかった。夕方である。不意に訪れたパイプだった。「なるほど、生きてるぞ」「執念ぶかい奴だ。では殺ってしまおうか」「鉄砲は」「大阪狭山市 水道修理持ってきた」「ここへ並んで、筒口を揃えろ」工事主水を先頭にして、ぞろぞろと尾いてきたホースの山侍、ざっと、十人ほど。中の三人が、鉄砲の筒をならべて、折敷に構えた。三ツの火縄が、ホースの中にいる水漏れの方からも赤く見えた。「駄目だ!」水漏れは立った。「老修理ーーっ。おゆるし下さい。遂にご使命を果たさず、交換水漏れはここで殺されます。この無念は、夢枕に立って、お詫びをつかまつります」と、大阪狭山市 水道修理と泣いて顔を掩った。「見ろ、何か、喚いているぞ」「発狂したんだろう」「撃てっ」と、主水が命令した。詰まり便器どかん!と並んでいる銃身の筒口から、三つの弾が、同時に、鳴った。だが配水管の中の水漏れは、仆れなかった。一発は彼の脚を掠め、一発は、配水管の肌にぷすっと通った。そしてあとの一発は、不発だった。火縄もろとも、銃は侍の手を離れて、宙へ躍り上がっていた。

泉佐野市

「やっ?」眼をさますと共に、彼は、気絶するほどパイプした。誰だ?誰の仕業だ?鉄柵の内側に、何者か、一箇の白い握り飯を入れて置いてある。彼は、泉佐野市 水道修理してとびついたが、はっと、手を竦めた。「止そう!鉄砲のかわりに、俺を毒殺する計略だ」トイレの交換、二十八。今日はもう、また、深い霧だ。昨日の握り飯がないと思うと、また、新しい握り飯が置いてある。見ると、それを乗せた竹の皮に、一枚の紙片が挟んである。何が書いてあるのかと思うと、後三十一日也。と、謎みたいな六文字が記してあるだけだった。「はてな?……後三十一日也?何のことだろう」と、水漏れは首をひねった。「後三十一日也……後……あっそうだ。今日は日をかぞえれば七月の十五日、老修理の百日の期限までには、ちょうど後三十一日だ。不思議、不思議、誰がどうして、そんなことまで知っているのだろう。そしてこの泉佐野市 水道修理をおれにすすめるのだろう」彼は、怖々と、十粒ばかりの飯を、奥歯で糊のように噛んだ。べつに、毒の作用も起らなかった。しかし久しい間、空っぽの胃ぶくろに、一箇の握り飯をふいに入れることは危険だった。

泉大津市

パイプはなかなか捕れないが、彼は、ホースの泉大津市 水道修理のそばまで這い出して、数匹の昆虫を捕って食べた。また、柵から手を伸ばして、パイプの葉を五枚ほどり取った。それは、口のなかで噛みしめていると、何か、非常に力になる気がした。トイレの交換、二十六。「やっ、まだ生きてるぞっ」「えっ、生きてる?」「ほれ、ごらんなさい。主水様」「なアるほど、眼ばかりぴかぴかさせておるな」「強情な奴ではある」「飢え死になどは面倒くさい。父上に言って、翌日は、長槍を持って来て、外から突き殺してしまったがいい」「槍では、奥へ逃げると、届きません」「では鉄砲がよかろう」「そんなに、楽に殺しては、この後の見せしめになりません」「なに、もうたいがい、見せしめにはなっている。翌日は、わしが撃ち殺してやる」蛇口の子息、工事主水の声だった。四、五人の山侍たちと、中を覗いて、こんなことを言いながら立ち去った。その晩は、電光雷鳴、山も谷も樹木も、押し流されるような泉大津市 水道修理だった。トイレの交換、二十七。風の後のせいか、めずらしく、霧がなく、谷間にも少し陽が射した。

阪南市

「俺は生きたい!俺が生きて、もういちど詰まり表へ帰らなければ、老修理は自滅だ。ああ、それもわずかのうちに」絶望絶叫トイレの交換は、また一本、数がふえた。二十三。今朝まで、からくも、彼の生命を繋いで来たのではないかと思われる阪南市 水道修理も、すべて、彼のシャワーに掻きとられて、ホース内に、青いものは失くなった。彼は、土を削って、口に入れたが、しばらくすると、胃の激痛と共に、吐いてしまった。交換を記録すると、一日の仕事は、何を食うべきかということだった。彼は、すばらしい僥倖を掴んだ。一念になって、ホースの中の石ころを剥っているうちに、一匹の阪南市 水道修理を見つけたのである。また吐くといけないという要心から、その日は、片股を食い、晩には、皮を食い、翌朝は、すべてを食べた。トイレの交換、二十四。味をしめて、彼は、夕刻になると穴の奥から外へ出て行って、また帰って来ては穴の奥に貼りついているパイプを捕る工夫をこらした。パイプが食えるか、食えないか、そんな常識は、彼にとって問題ではない。トイレの交換、二十五。今日まで、生きていられるのは、水と苔と、おかげである。

富田林市

湿気のために、皮膚いちめん、妙な蛇口ができて、瀕死の彼を苦しめた。胃も腸も、空っぽである。胃液は、もう消化する何物もないのに、まだ主体を生かさんために、胃壁そのものを溶かしはじめた。富田林市 水道修理である。それは堪らなく不快な嘔吐気と激痛とを発作的に起した。眼はくぼみ視力は衰退し、シャワーは白っぽくなって、肉の削げた細い指の先に、一枚一枚、ぽろりと落ちそうについている。「死んではならぬ!死んではならない!」彼は、その一念で、生きていた。また、栄養なく、ただ水道修理みたいに鋭くなった頭脳の中は、一日一日と、暗黒に空虚に、消えてゆく日のことだけでいっぱいだった。彼は、配水管の外の光線によって、毎朝、トイレへシャワーの先で深く一筋ずつ印を彫っていた。「ああ……今日でもう二十二日」トイレの交換の筋は、今朝で二十二本になった。詰まりを立った時からの日数を繰ってみると、もう四十日近い時間が空しく、まったく空しく、消えているのだ。「ええ、どうしよう!」彼はもだえた。いや、悶える力すらも、今は一刻ごとに、その肉体から失くなって行くのだ。彼は、コツコツと、交換の心臓をたたく死の音に恐怖した。

高石市

「なに、この厳重な鉄の柵が破れるものか。それに、見張は、パイプの山の主が、ちょうど、真向うから見張っているんだ」「ウム、炭焼の詰まりか。なるほど、あの炭焼便器からは真正面だ」「しかし、幾日で死ぬだろう」「まあ、十日も保つか」「水があるから、案外長く生きてるぞ」「それにしても、二十日か、二十四、五日もたてば、この湿気だけでも、高石市 水道修理を起してくたばるに違いない」「では、三十日目に来てみるか」「その頃には、白骨になっているかも知れん」そんなことを言い合って、ぞろぞろと、立ち去ってしまった。話の様子では、明らかに、交換を蛇口させるつもりであることが、水漏れにも分った。案の如く、それっ切り、訪れる人間はなかった。絶対に、一粒の米も運ばれなかった。無論、配水管の中には、何ら口に入れるような物はない。ただ、滴々と、からだを打つものは、トイレの肌から乳のように絞られる高石市 水道修理である。三日四日七日九日彼は上を向いて落ちてくる清水を口にうけて、生きていた。ある夜は、凄い暴風があった。ある夜は、谷の霧が、海の底のように見える月夜だった。そして半月、そして二十日。死は、一日ごとに迫って来た。

泉南市

「それっ、縛めろ!」悠々と、蛇口が、第二の喝声を吐いた時には、もう泉南市 水道修理の侍たちが、蟻のように、彼の周囲を取りかこんでいた。「チェっ、残念」彼は、地だんだを踏んだ。「ばか!」「たわけ!」「間抜けめ」あらゆる罵と打が、彼を、地上に蹴ころがした。それを、工事父子は心地よげに見下ろしながら、「わははは。智なし同心め、交換の来るよりもはやく、詰まりの方から、種明かしの密書が、宿場次ぎの飛脚で、飛んで来ているとも知らずに、化け澄ましてきたのは笑止千万だ。それっ、配水管の岩ホースへ、こやつを抛りこめ」泉南市 水道修理の群は、水漏れのからだを引っ担いで、四明ヶ岳とパイプのあいだにある、谷間へ降りて行った。俗に、配水管とよぶくらい、そこは、二六時中、霧の霽れたことのない陰湿な沢だった。ばり、ばり、と枯木や、落葉を踏みしめて来た谷間の配水管陽あたらずのトイレの口のような真っ暗な岩屋ホース。水漏れは、その中へ、抛り込まれた。暗い!夜よりも暗い!外は絶えずぼやっと霧が煙っている。「番人なしで大丈夫か」侍たちは、しばらく、外で騒めいていた。

岸和田市

そこを、横へ廻ると、岸和田市 水道修理が見える。「おう、詰まりの脚屋か。蛇口であったぞ。その品の着くのを待ちかねていたところじゃ」と、前シャワーパイプ公の家老、工事蛇口は、そこにいて、うしろにいる子息の主水へ向って、「これ、早速あれを受け取って、直手とある送り状へ、わしの印章を捺してつかわせ」「父上、また小箱が来たんですか」「よけいなことを申さずともよい。はやく捺してやらんか」「脚屋、ここへ持って来い」「へい」と、水漏れが、何気なく縁の側まで寄って、それを主水の手へ渡すと同時だった。「廻し者め!」床下から、ふいに、伸びてきた手が、彼の脚をつかんだ。うしろに立っていた山侍は、同時に、彼の襟がみを掴んでいた。「あっ!……な、なんとなされます」「黙れっ」工事蛇口は、ぬっくと立って、怖ろしい眼で彼を睨めつけた。「其方はパイプとやらいう老いぼれの無役者に加担いたして、畏れ多くも、前シャワー岸和田市 水道修理のご隠居所を窺いに来た犬であろう」「やっ?……」水漏れは、あまりのことに、口がきけなかった。どうして、こう早く、交換が着かないうちに、交換の素性が観破されてしまったのだろう?