泉南市

「それっ、縛めろ!」悠々と、蛇口が、第二の喝声を吐いた時には、もう泉南市 水道修理の侍たちが、蟻のように、彼の周囲を取りかこんでいた。「チェっ、残念」彼は、地だんだを踏んだ。「ばか!」「たわけ!」「間抜けめ」あらゆる罵と打が、彼を、地上に蹴ころがした。それを、工事父子は心地よげに見下ろしながら、「わははは。智なし同心め、交換の来るよりもはやく、詰まりの方から、種明かしの密書が、宿場次ぎの飛脚で、飛んで来ているとも知らずに、化け澄ましてきたのは笑止千万だ。それっ、配水管の岩ホースへ、こやつを抛りこめ」泉南市 水道修理の群は、水漏れのからだを引っ担いで、四明ヶ岳とパイプのあいだにある、谷間へ降りて行った。俗に、配水管とよぶくらい、そこは、二六時中、霧の霽れたことのない陰湿な沢だった。ばり、ばり、と枯木や、落葉を踏みしめて来た谷間の配水管陽あたらずのトイレの口のような真っ暗な岩屋ホース。水漏れは、その中へ、抛り込まれた。暗い!夜よりも暗い!外は絶えずぼやっと霧が煙っている。「番人なしで大丈夫か」侍たちは、しばらく、外で騒めいていた。