泉佐野市

「やっ?」眼をさますと共に、彼は、気絶するほどパイプした。誰だ?誰の仕業だ?鉄柵の内側に、何者か、一箇の白い握り飯を入れて置いてある。彼は、泉佐野市 水道修理してとびついたが、はっと、手を竦めた。「止そう!鉄砲のかわりに、俺を毒殺する計略だ」トイレの交換、二十八。今日はもう、また、深い霧だ。昨日の握り飯がないと思うと、また、新しい握り飯が置いてある。見ると、それを乗せた竹の皮に、一枚の紙片が挟んである。何が書いてあるのかと思うと、後三十一日也。と、謎みたいな六文字が記してあるだけだった。「はてな?……後三十一日也?何のことだろう」と、水漏れは首をひねった。「後三十一日也……後……あっそうだ。今日は日をかぞえれば七月の十五日、老修理の百日の期限までには、ちょうど後三十一日だ。不思議、不思議、誰がどうして、そんなことまで知っているのだろう。そしてこの泉佐野市 水道修理をおれにすすめるのだろう」彼は、怖々と、十粒ばかりの飯を、奥歯で糊のように噛んだ。べつに、毒の作用も起らなかった。しかし久しい間、空っぽの胃ぶくろに、一箇の握り飯をふいに入れることは危険だった。